江國香織姉妹の往復書簡で思うこと
クウネルの連載の中で
作家の 江國香織さん*妹の晴子さん の往復書簡が好きです。

CDショップに行ってなかなか選べない時に、
香織さんは 「年をとったな」 と思うらしい。
若い時に比べて時間的余裕のないせいといいつつ、
その持ち時間がないこと = 年とったこと なんだって。

確かに、若いときは、目的がなくても
ずっとCDショップにいても飽きなかったし、
ジャケット見ただけで、これは好きな気がすると思って
知らないCDを買うような冒険的心を持っていた。

本屋さんに関しては、私はまだすごくワクワクするけど
ゆっくりはできないな。

持ち時間がない上の選択っていうのが大人の課題なのかな。
結婚したことでは、そんなに変化せず、自由にしていたけど
こどもは、拘束時間が長い。ほんとうに持ち時間短い。

でも少なくなった時間にばかり、心が向かってしまいがちだけど
こどものおかげでふえた時間もあるんだよね。
ブランコに一緒に乗って見上げた空や
どんぐりなんて拾ったのも、葉っぱかさかさ踏んで走るのも、
みんなこどもがいるから。
もう1度こどもに戻った気分になれる。

江國さんの小説は、
主人公がクールすぎて入っていけないのだけど
「すみれの花の砂糖づけ」 などの詩が好き。言葉の響きが好きなのかも。
それにしても彼女のワンちゃんが雨くんで、
晴子さんのワンちゃんがスノウって、すごいね。
[PR]
by tonton814 | 2004-11-23 15:44 | 本・雑誌
<< モス*ランチ ライス・バーガー 詩人ミュージシャンFile02... >>
トップ  Rss

ポコンは、なに。
by tonton814
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
*おともだちリンク*
くらしのレシピ
tamaの私的空間工房
*natural light photograph  magazine by colors*
どんなときも♪
ふわふわ。り
Sparkle life

* このブログ内の
文章、写真などの
無断使用、転載、複製は
しないで下さい。

カテゴリ
ライフログ
フォロー中のブログ
以前の記事
検索
その他のジャンル
記事ランキング
画像一覧