カテゴリ:日々+ あこがれ( 13 )
雨の記憶、そして、いつか。
b0013479_153681.jpg

「雨ふりの本。」
最近、こんな本を 眺めていました。
「十一月、空想雑貨店。」 さん 発行。
不思議なとこです。 11月って辺りが、なんかね。
秋でもなく、冬でもなく、
あわただしくなる前の、ちょっと 寒い日々。

b0013479_15345350.jpg# 雨の日に たべたいもの
鶏ガラスープの やさしいお粥
生姜の シャーベット。 わぉ。
私は 雨の日に、苺のアイス たべたくなります。
今の季節は、冬瓜の ほたて入り スウプ。
なぜ 夏にあらわれるのに、冬瓜なのかなぁ。

毎日、カンカン照りの夏。
そんな日に、このまったく 季節はずれな 記事。
雨を 思い起こして 涼しくなると、いいな。
雨の季節 生まれの私は、雨が すきなわけでもなく
どこか 雨がキライになれない。

雨の記憶を 辿ると
そこには、ピアノを習っていた 小さな自分がいて。
なぜか レッスンの日、(木曜日だったかな) 雨が よく降っていた。
自転車で、その中を 突き進んだ。

あれから 何年も経って、いろんな 雨の日の記憶が 甦る。

雨に紛れて 大声で泣いた日。
ワイナリーの 見学に行った 帰り道に
車の中で、雨を子守歌にして 眠ったこともあった。
雨が降る前の、匂いがすき。
土が湿っていく、匂い。 もうすぐやってくる 雨粒。

私は ここで 日々の記憶を 書いていました。
日記というには、追いつかず。
記憶というには、新しいことを。

日々の想いは、言葉にして
日々の写真は、箱に取っておく。
日々の願いは、風にのって どこかへ飛んでいく。


すきなものを すきだと 言ったり。
きらいなものを、やだよねーって 言ったり。
できれば、スナオに 生きていきたい。 人を 傷つけずに。

あわい言葉がすき。 褒められるのがすき。
ほんわかしたい。 ゆっくりしたい。
そう思って、生きてる。 そんな日々。

あらゆる記憶、想い。 またいつか、どこかで。
おつき合いくださって、ほんとに、ありがとう。

b0013479_15331869.jpg


++ そして、最後に ++
[PR]
by tonton814 | 2005-08-07 15:50 | 日々+ あこがれ
ちょっと 春気分 です
早く元気になりたいのに、少しいやなことがあるだけで
どどーっと 大物が 心の奥から 引き出されて、しばらく沈下してました。
そういう時は、とにかく 夫に話を聞いてもらう。

ここで、こんなに あたたかい言葉 もらっているじゃない。
しあわせものめー、と言われて、素直な涙が 出てきました。
すぐに 傷が癒えるわけじゃなく、まだ心臓が バクバクするけど
歩いていこう。 今はそう思って、顔を上げられるようになってきました。
ほんとに、みなさま、どうも ありがとう!

まだ 時々雪が降りますね。
↓ 屋根の雪は、早春のわさび畑を 思い起こさせます。

b0013479_1231579.jpg


実家に遊びに行くと、母てづくりの 苺のケーキ が お出迎え!
コパン大はしゃぎ。 きゃっきゃっ。
いつまでたっても 親孝行どころか、世話になりっぱなしの娘です、私。

私の父、隠居ショウゾウは、市のグランドゴルフ大会に 出場してきました。
各地区の 選抜された人々が やってくる大会なのに
父の地区は、出れる人が 出ましょうっ てな感じで、行ったらしいです。

ショウゾウも、ゼッケンをつけて並びました。
すると、隣に すごく腰の曲がった おばあちゃんがいて
「あら、背が高い お人ですねー、2メーターくらいですか」 って、ぷぷ。
まあ、父は 175cmくらいで、あの年齢にしては 高い方なのだけど
「2メーターは、ないですよ、ははは」 なんて笑ってたけど
試合始まったら、そのおばあちゃん、すっごくうまくて、思い切り 負けたらしい。
やっぱ 地面に近いって すごい!?

夜は、母よしみ が 特製ハンバーグを 製作。
「今日のは 一味ちがうんだから」 って、TVから 秘伝を 伝授されたらしい。
なんでも、まず 卵とパン粉を先に よーくこねてから、挽肉も よーくこねて
最近は 生のまま入れてる玉葱も、よーく炒めてから。
そして、一度焼いて 焦げ目をつけて ひっくり返してから
蓋をして7分! 蓋をあけちゃ だめなんだって。
あけると 肉汁が逃げちゃうって。
なのに、気になって うっかり途中で 開けてしまった 母であった。
でもでも、すっごくなめらかで ジューシーなハンバーグで おいしかったー。

父は、4月に 地区の旅行があって、長野の桜を 見に行くらしい。
でね、日程表見ていたら、すっごく笑っちゃった。
コースプラン1 → 不老長寿の滝、ほぉ。
あら、コースプラン2 → 姥捨て山?
おいおい、老人たち 自らが、行ってどうする、姥捨て山!

↓ こんな風に、まったりしたいような
ずっと走って行きたいような、春の日々です。

b0013479_12313633.jpg

[PR]
by tonton814 | 2005-03-17 12:44 | 日々+ あこがれ
花に慰められ
どうにも やりきれない思いで いっぱいの 今日。
心配していた人を 応援してるつもりだったのに
彼女を 傷つけてしまったらしく
投げつけられたような メールが来た。 しかも 疑われてるなんて。
結果、国交断絶に なってしまいました。
きっと、最初から 嫌われていたのだろうなあ。

って、なんのことか、さっぱりわかりませんね。 ごめんなさい。
どうも ここのところ、沈んでいくきもちを どうしたらいいのか。

どうしても、心が重い。
うっかりすると、地面に のめりこみそう。

  ×  ×  ×  ×  ×  ×  ×  ×  ×  ×  ×  ×

おとなりの梅が、咲きはじめました。
白い、かわいい花。

うちの両隣は、季節ごとのお花を 大切に育てていて、
いつも 楽しませてもらっています。
春には  夏には 紫陽花  秋には 金木犀 の和の庭と、
かたや 薔薇クレマチス が いっぱいの 賑やか庭。

新年あけの 一月には、
狼狽、いや 蝋梅(ろうばい) という、
きいろの、とても すてきな香りのする梅が
一足早く 咲いていたものです。

実は、ずっと老梅だと思っていました。 ごめんね、梅さん。

不思議な 花なのです。
蕾を そっと抱えたように、控えめに 咲く。
でも、香りは それは 華やかな着物のよう。

黄梅(おうばい) という 梅もあるのですって。
こちらは、可憐な花。

こうして、花を見ていたら、涙が止まらなくなってきました。


*追記*
ここに きてくださる みなさまに、ご心配を おかけしてしまいました。
先々週のことが、やっと 落ち着いた矢先 だったので
自分の中で あふれてしまって、また ここに 甘えてしまいました。
あたたかい言葉たち、ほんとうに嬉しく、受け取りました。
ありがとうございます。すこしずつ、修復していきます。
[PR]
by tonton814 | 2005-03-13 14:06 | 日々+ あこがれ
結局 ・・・。
みなさまには、例のマンションの件、ご心配をおかけしました。
本当に あたたかい励ましで、嬉しくて 涙が出てきました。

一人(二人)で 悶々と抱えていると、ただ辛いことも
こうしてブログを通して、お友だちになって いただいた方々の おかげで、
殺伐としてきた 世の中で、私は とても あたたかい気持ちに なりました。

本当に、感謝しています。 どうも、ありがとうございます。

経過報告。 な、長いかも、ごめんなさい。 メェ。
[PR]
by tonton814 | 2005-03-04 20:01 | 日々+ あこがれ
えーん。
今日は、悲しくも 怒り噴騰の日であった。

先日書いた記事を格納しました。 More機能はじめて使ってみたけど、わお、便利。
[PR]
by tonton814 | 2005-03-02 18:37 | 日々+ あこがれ
あこがれびと #1
b0013479_10325987.jpg

別に色っぽい話じゃないの。 私はあこがれが多いって話です。
あこがれというよりも、小さな野望 (妄想) といったような。
能力に関係なく、いろんなことのできる自分を想像する。
こころの中では、私はかなり働き者なのだ。

その多くは、ていねいな暮らしに由来すること。
たとえば、あたためたカップに 紅茶をゆっくり注ぐ、とか。
きちんとアイロンのかかった、パリッとしたシャツを着たい、とか。

こどもがいるからできなーいと、いい訳してたけど
よーく考えてみたら、むかしから でした。
独身時代は、あちこち ほっつき歩いていたし
結婚してからも、踊りに夢中だったなあ。 あらら。

そんな妄想のひとつ。
      毎日、さりげなくお花を 生活に取り入れること。
      野に咲く可憐な花や、自分で育てた!? 花を
      小さなグラスに入れて、テーブルに飾る。


誕生日や結婚式の、華やかな特別な花も すてきだよ。
結婚式の前日にいただいた、50本の赤い薔薇 は忘れられない。

夫は つきあいはじめの頃
ちょっと寝込んでしまった私に、お見舞いの花束を贈ってくれた。
結婚当初もよく、ガーベラ3本 とか買ってきてくれた。
あれは、嬉しかったな。

あ、今日は バレンタイン
きれいなお花ほしいなあ。 あれ、もらう日じゃないよね。
今日の写真は、夫撮影の 、シクラメン

野に咲く花たちが、心に届く思い。
小さく揺れていると、こちらも揺れてみたくなるような。

b0013479_139516.jpgそして、こんなすてきな本を眺めて、
心の中で 花を活けている私でした。
井出綾さん、 「花とまいにち」
あ、撮影も井出さん。 旦那さまだ!
サイトもすてき → Plants & Baking

ここ数日、別館のひっこしに追われていました。
同じエキサイト内に完了して、ほっとしています。
[PR]
by tonton814 | 2005-02-14 10:33 | 日々+ あこがれ
プチっとな。
わがやは プチ冬眠 状態 である。
寒さに弱いし、めんどうだし。 食材はけっこう宅配で来るし。
時々どうしようもなくなり、近くまでひょこひょこ出かける。

春になったら、元気におでかけの予定。
なのに、今年は花粉がものすごいらしい。 20倍とか36倍!? とか。
しかもうちの地域は特に名指しされてるって。えー。

さて、流行の プチ ですが、つけたらいやなもの考えてみました。

プチ抵当
「ああ、このお宅、プチ抵当 に入ってますね」
なんて、言われたら、ぜったい絶句する。
抵当だけでもショックなのに、そのまえに プチ までついてたら。
こういう詐欺に遭ったらちょっと困るね。

プチすきやき プチ焼き肉 プチ鍋
がしがし食べたいものが プチ なのは、悲しい。

プチビッグ
どっちなんだー。 くだらなくてすみません。

プーチンの小さな人形。 プチプーチン そろそろ退散します。
b0013479_1517914.jpg
急須のふたが カップにぴったりサイズ!

[PR]
by tonton814 | 2005-01-28 15:24 | 日々+ あこがれ
スペインからの困ったプレゼント
b0013479_0284568.gifむかーしむかし、某会社の輸出部門で働いていた頃
クリスマス時期にユウウツなことがあった。

それは、スペインから届く クリスマスプレゼント。

この時期、海外から さまざまなすてきなものが
届いてたヨーロッパ部において、それは望まれざるもの。

まず、そのダンボールは目立つ。b0013479_0298100.jpg
焼き豚の網を思わせるタコ糸でぐるぐるまきにされた姿。
(→ これがダンボールになった図をご想像下さい。)

「コトンさーん、今年も来ましたよー。」
すでに気分は ブルー

なぜか。 そのお菓子は爆!まずいのであった。
もう取引もしていない スペインのある島から
毎年律儀に送られてくるそのまず菓子。

内容は、
白い雷おこしもどき。真っ白の板にピーナツのようなもの。
これはまだいい。1番ましなのだ。
とにかく砂糖ジャリジャリ、びっくり甘甘の菓子のオンパレード。

そして、救いかと思われる
オリーブの瓶詰めは どこぞの倉庫で何年保管した?というびっくり味。

b0013479_0292888.jpg他の課がうらやましかったな。
オランダのチューリップの求婚、いや球根はかわいいし。
オーストリアのザッハトルテは格調高い。
ドイツワインなどは、
ジャンケンで争奪戦がくりひろげられる人気者。

なのに私は、あの、これ、といって配る時の
ぎゃー、また来たーといわれる悲しみ。
ちょっと バイキンマン の気持ち、わかるぞ。

すっかり トラウマになった私は
スペイン旅行で大変おいしい食事を味わったが
決してお菓子には手を出せなかったのだった。(例外1件のみ)
[PR]
by tonton814 | 2004-12-30 00:55 | 日々+ あこがれ
シクラメンの香り♪
b0013479_12463852.jpg
毎年この時期に
シクラメン
贈ってくださる方がいる
また今年もこの時期が来ました
といいながら

窓辺におく
今年は特に色があでやか
シクラメン のかほりは
ちょっと埃っぽいけど

ピンクや朱が主流なのかな
真綿色のは
あまり見かけないね

前より好きになってきた シクラメン



ものがたりと書評ミックスのブログを
書き始めました。
本がお好きな方は
お暇な時にでも覗いてみてください。
→ 玻璃の音*書房

[PR]
by tonton814 | 2004-12-19 13:01 | 日々+ あこがれ
クリスマス*シーズンイン
b0013479_2357330.jpg

いよいよ12月ですね。寒さも本格的になってきます。
11月からはじめた*コトンの日々*で、
すてきな人たちと出会うことができて、とても嬉しいです。

いいな、と思うことを誰かと共有できたり、教えてもらったり。
こどもといると、ちょっぴり自分の存在についてわからなくなる時
こんな風に文字にすることで、少し透明になれる気がします。

クリスマスはもうすぐ。
うちの小さなツリーには リンゴ がいっぱいなるのです。

[PR]
by tonton814 | 2004-12-02 00:09 | 日々+ あこがれ
トップ  Rss

ポコンは、なに。
by tonton814
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
*おともだちリンク*
くらしのレシピ
tamaの私的空間工房
*natural light photograph  magazine by colors*
どんなときも♪
ふわふわ。り
Sparkle life

* このブログ内の
文章、写真などの
無断使用、転載、複製は
しないで下さい。

カテゴリ
ライフログ
フォロー中のブログ
以前の記事
検索
その他のジャンル
記事ランキング
画像一覧