カテゴリ:詩人ミュージシャン+音楽( 8 )
ミュージック・バトン♪
wonderxcandyちゃんから 渡された、Music Baton♪
candyちゃんのように、詩的に、ものがたりのように!
あこがれてたけど、フツーに、答えちゃうのだ。
実は、別ジャンルブログで、すでに回答してたので
ほぼ、同じです。 でも 思い入れが 5曲じゃ済まないので、++。

 ■ コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量
 ■ 今聴いている曲
 ■ 最後に買った CD
 ■ よく聴く、または特別な思い入れのある 5曲
 ■ バトンを渡す 5名


上の5つの 音楽に関する質問に 答えて
友だちに Trackbackで 渡していくらしいです。

■ コンピュータに 入ってる 音楽ファイルの容量
  愛用のノートには、夫が 入れてくれた 125MB。
  ほとんど だいすきな スピッツ!

■ 今聴いている曲
X&Y Coldplay  Cold Play 「speed of sound」 → 視聴
  → 「X&Y」  Coldplay
  最新アルバム ほしいです。
  洋楽で 久しぶりに 心をゆすぶられてる、UKサウンド!

■ 最後に買った CD
My Funny Valentine *Sting 「My Funny Valentine *at the Movies」 Sting
  スティングの、映画への提供曲を 集めた アルバム。
  JAZZスタンダードも 含まれて、嬉しい1枚です。

■ よく聴く、または 特別な思い入れのある 5曲
  5曲に絞れなーい。 なつかし系にしてみました。 (年バレマス)

Portrait in Jazz *Bill Evans1 「Portrait in Jazz」  BILL EVANS
  一見 サラリーマンの 叔父様風の ビル・エヴァンス
  彼の弾く JAZZ ピアノは、やさしく せつない。
  このアルバムの 「枯葉」 アレンジが最高。

2 「Wicked Game: Anthology」  Chris Isaak
Wicked Game *Chris Isaak   プレスリーより セクシーな クリス・アイザック
  表題の 「wicked game」 で、すぐメロメロです。
  これ聴くと、冷静では いられなくてよ!? (お蝶夫人風)
  映画 「リトル・ブッダ」 で、俳優としても 出演してます。

3 「The Power Station」  The Power Station
The Power Station   ファンキーといえば、これかな。
  今は亡き Robert Palmerと、
  Duran2の John + Andy Taylor らで
  結成された 幻の プロジェクト。
  私にとって、1番 イカシタ アルバムです。
  「Harvest for the world」 Robert + Andy ダブルボーカル Love。

4 「SCUDELIA ELECTRO」  SCUDELIA ELECTRO
Scudelia Electro   気軽な 宇宙の旅! といった感じの サウンド。
  このほど解散が 決まってしまって、悲しい。
  スクーデリア・エレクトロの 1stアルバム。
  ポップで、メロディアス。
  1曲目、「さよならノーチラス号」 で、決まり。

5 「THE GREAT OF ALL」  矢沢永吉
永ちゃんベスト  これは、ある意味、なつかしい 洗脳もの!?
  隣の部屋で、毎晩 弟が 聴いてました。
  しかも、ヘッドホンして、いい気分になって 歌ってるので
  私に 聞こえてくるのは、弟の ノリノリの歌声のみっ! (号泣)
  というわけで、「時間よ、止まれ」!

++ この1曲
[PR]
by tonton814 | 2005-07-09 22:55 | 詩人ミュージシャン+音楽
*コブクロ *ここにしか咲かない花
前にも書いた、お気に入りの コブクロ
今 ドラマ 「瑠璃の島」 (見てないけど)の 主題歌
「ここにしか咲かない花」 リリース中。
また、ほんわかします。

    空の色映し出した 瑠璃色の海 遥かから聞こえる

b0013479_16271634.jpg    ここにしか 咲かない 花
    ここにしか 吹かない 風
    ここでしか 聞けない 歌
    ここでしか 見えない もの


ドラマの舞台が 沖縄の 離れ小島 だから
最初は 「ここにしか」 という 言葉を
特別なものに 感じていたけど
自分の周りにも ある気がして、考えてみた。

    ここにしか いない 自分
    ここにしか 響かない 言葉
    ここにしか 存在しない 笑顔
    ここにしか ない 想い


どこにでも ありそうなのに、ここにしか ないもの

もっともっと、自分の世界を 大切にしたくなる。
もっともっと、すきな人の世界 知りたくなる。
こうして、時が 流れていけばいい。
ほんとうに 静かに おだやかに

そんなこと 考えていた 八方ふさがりの 気分の時。
ほんとは、誰もが もっているもの
そんな 気がして ちょっと 軽くなる。

ああ、波の音、聴きたくなったなぁ。

b0013479_10233315.jpg

[PR]
by tonton814 | 2005-05-23 10:35 | 詩人ミュージシャン+音楽
詩人ミュージシャンFile05 *コブクロ 小渕健太郎
まだ寒い時、雪のうたが聴きたくなって
コブクロ の 3rd Album 「STRAIGHT」 出してきた。
そうしたら はまってしまって、ここのところ ずっと聴いています。
1-5 曲までの流れが、なんともいえず、やさしくて心地いい。

コブクロ は、決して、焼肉 ではなくて
b0013479_02518.jpg小渕(コブ)くんと 黒田(クロ)くんの デュオです。
最近では CMで 所さんと トコブクロ の名で 共演。

彼らの ハーモニーが すきで よく聴いてます。
ストリートで 歌ってる頃に 二人は 出会ったのだって。
二人とも曲を作る。
私がすきな歌は、小渕くんが作ったのが 多い。

彼らの曲からは、ちょっと不器用な 恋愛が 読み取れて、なんとも、かわいらしくて。

1 曲目 「 blue blue 」

 つき合いはじめて まもない恋人たち。
 かわいくてもてる 恋愛経験値!がちがう女の子と、
 どうやって付き合っていいか、困ってるきもち。

  いろんな時 君を思い出すよ それは何のつながりもない 日常のワンシーンで
  同じように 僕を思い出すの? そのタイミングを いつか教えて


 不安な頃、どんな時に思い出したかって 教えてもらったりすると
 もうそれは 空に昇っていってしまうくらい その言葉は 宝物になる。

2 曲目 「 手紙 」

 遠い国で暮らす、がんばりすぎてしまう 恋人への手紙。
 こんな風に 恋人に言われると、心がすうっと 楽になっていくだろうなあ。
 今の自分に言われた きもちで聴くと、ほろほろします。

  泣いてしまう程 辛いのは、一番 がんばった日の証
  そんな自分を 時々は 休めてあげなきゃ だめだよ

  君の描いた 未来図に 色が一つ ふえるたびに
  君の笑顔が 華やかに 誰かを 勇気づけていくよ


b0013479_024249.jpg4 曲目 「 雪の降らない街 」

 冬がキライな恋人に、
 かわいいコートを プレゼントする彼。
 そんな恋人たちに、雪が降る思い出。
 かつての思い出に、心を預けたまま 過ごした一年。

 この曲の彼女は、もしかすると、
 死んでしまったのかな。
 ただ、消えてしまったのかな。
 私が思うには、春に一緒に暮らそうとして、事故でなくなったのかな、なんて。

  二つずつの物が 一つになれば 心さえも いつか 一つずつに

  そっと笑いかける 君の顔 今は 小さな フレームの中

  できることなら 今すぐ この冬空を 駆け抜け あなたに 逢いに行きたい


あと 9 曲目 「 昨日の日のワルツ 」  これがだいすき。

 初恋の話 なんです。 ママより すてきな子に 恋するのだけど
 雨の中、鍵が見つからなくて 泣いちゃって、結局 ママに 泣きついてる。

  恋をしたのは ぼくのほうなんです
  理由も 理由に ならないの ばかり


 自分が 男の子のママに なったせいですね。
 野球のストレート球のように、心に届く言葉、今、こういうのにヨワイです。
 ほんわか ほんわか。

人と人とのつながりの脆いこと。 伝わらないきもち。
ちょっと元気が出ない 今日、どうしたらいいのかな。
こうして 好きな歌でも 聴いて、待ちましょうか、浮上の時。
[PR]
by tonton814 | 2005-02-25 00:11 | 詩人ミュージシャン+音楽
詩人ミュージシャンFile04 *スピッツ #草花
b0013479_20171232.jpgもうすぐ2年ぶりに
オリジナルアルバムを発表する スピッツ
→ 「スーベニア」 というタイトルと
カメ!に乗ったジャケットの
ゆるーい感じがスピッツらしい。
まさか浦島太郎の玉手箱か!?

スピッツ のほぼ全曲は、作詞・作曲ともに
ヴォーカルの草野正宗くんです。
あの飄々とした風貌と、さりげなく伸びる声質。
夫婦で一緒に聴ける中性的な魅力があります。

最初に聴いた曲は 「ロビンソン」 でした。
あのミョウに懐かしい曲調に心奪われました。
どうしてか1度もロビンソンという言葉が出てこない。
通りかかったロビンソン百貨店を仮題につけたままらしい。インパクトあるかも。

私的ベストアルバムは 「フェイクファー」 春に聴きたくなります。

テーマ*01 草花

彼ほど草花に心をよせる人はいるだろうか。
たくさんの花の名前がいろんな歌に出てきますね。

冷たい頬 * 「ファイクファー」 より

     さよなら 僕のかわいい しろつめくさと
     手帳の隅で 眠り続けるストーリー
     風に吹かれた君の 冷たい頬に ふれてみた 小さな午後


しろつめくさ = クローバー って知ってる男の人は他にいるのだろうか。
ほっとするあたたかい日々

     ふざけ過ぎて 恋が幻でも構わないと いつしか思っていた

しあわせ過ぎると、いつかそれが消えてしまう運命に思える時がある。

     夢の粒も すぐにはじくような 逆上がりの世界を見ていた

ここがね、何度聴いても不思議な詩なんです。
どんな気持ちか計りかねて、すごく気になる箇所。

マサムネくんはいつも電子辞書を持ち歩いていて
気になった言葉をすぐ調べるそうです。
そうやって言葉のイメージをどんどん膨らませていってるのでしょうね。
[PR]
by tonton814 | 2005-01-09 20:25 | 詩人ミュージシャン+音楽
哀愁のバイオリン
b0013479_2034816.jpgちょっと前に録画しておいたドラマ
「海峡を渡るバイオリン」 を やっと見ました。

とても美しかった。そして凄惨だった。
原作はご本人である 陳昌鉉 著、同名の本。
韓国から日本にやってきた青年が独学!!で
バイオリンを作る物語。

人生の岐路において必ず出現するバイオリンの音色。
  こどもの時の怪しいバイオリン弾き。
  日本からやってきた線の細い教師。 *オダギリジョーgood
  失意の底にいた時に講演した零戦の設計者。etc.etc.

はあ、韓国の田舎の美しいこと!
さらに、家のセットが素晴らしいよ。

後半はちょっと気が狂ってくるので、つらい。
家が暴風で壊れそうになった時なんか、
田中邦衛さんがいたので、「北の国から」 を彷彿とさせてました。

針のような草薙くんの感想。
もう絞れない雑巾を絞らされるような作業でした。うーむ、そうだなあ。

管野美穂さん、すきなんです。
どんなに苦境にたたされても輝く清廉さを持ってるかんじ。
前に彼女が演じたフジコ・ヘミングもよかった。
昔 「イグアナの娘」 に出てた頃は、
こんな演技派女優になるとは想像できなかったなあ。

とてもバイオリンの曲が聴きたくなりました。
もとから好きだった ギドン・クレーメル 聴いてます。
哀愁。心に凍みこんでくる音色。やはりいいです。
これはタンゴですが、ビバルディの四季もいい。
「ピアソラへのオマージュ」 (おまんじゅう、じゃないよ)
運命的な映画の主人公になった気分になります。

しかし、ストラディバリウス という名楽器は、
現代の科学ではわからない神の作った楽器なのかしら。

ジブリの 「耳をすませば」 も見たくなりました。大好きなんだ。
バイオリン製作を目指す少年と小説家をめざす女の子の恋!
恋かあ。
[PR]
by tonton814 | 2004-12-22 20:20 | 詩人ミュージシャン+音楽
詩人ミュージシャン File03 *B'Z 稲葉浩志 #クリスマス
超有名なB'Zは、作詞を Vocal*稲葉浩志氏
作曲は Guitar*松本孝弘氏 が担当しています。
ハード系とバラード系、どちらも心に響きます。ギイィィィーン

稲葉さんの詩は男の詩であり、実に多彩です。
私は心の奥底から絞り出されたようなのと、
夜の闇にひらひら浮かび上がりそうなのが好きです。

* いつかのメリークリスマス *  「FRIENDS」より
1992年に発表されたミニアルバムの中の最初の歌。
ストーリーぽい5曲は失なった恋の歌がほとんど。

     僕は走り 閉店間際 君の欲しがった椅子を買った
     荷物抱え 電車の中 ひとりで幸せだった


椅子持って電車乗ると目立つよ。と思いつつ
恋人のためにそんなことする男がいたら惚れてしまいそう。

     部屋を染める蝋燭の灯を見ながら 離れることはないと
     言った後で急に僕は何故だかわからず泣いた


     いつまでも手をつないでいられるような気がしていた
     何もかもがきらめいてがむしゃらに夢を追いかけた


1番しあわせなはずの場所で、
1番かなしいきもちになる瞬間。
あとから思うとそれは何かの予感だったのかと。

しあわせすぎて、この瞬間を切り取っておきたいと願う。
そう願うほど、どこかへ消えていくのは何故だろう。
[PR]
by tonton814 | 2004-12-05 13:28 | 詩人ミュージシャン+音楽
詩人ミュージシャンFile02   *ASKA  #月
CHAGE & ASKA 彼らのアルバムのレコーディングは、
各自が作った曲にメインボーカルで録音したあと、
相手に合わせて、美しいハモリを入れます。

シングルは ASKA の曲が9割を占めていますが、
アルバムはほぼ半々。まれに共同作業もあります。

CHAGE も最近では自分でいい詩を作りますが、
詩人度では、なかなか ASKA にはかないません。

私は ASKA の詩が大好きなので、勝手にテーマを分けて紹介します。
テーマは歌詞のキーワードであったり、曲から感じるイメージです。

テーマ*01   月をイメージさせる2曲。

*Far Away* 「ENERGY」 「THE STORY of BALLAD I」より

つき合って間もない恋人たちの不安。
どんなに好きだといっても約束できない未来。
今が全て。恋をしているとこんな気持ちになります。

     紅い爪を 夜の真ん中で切る
     月の輪より まるい円を描いた
     僕は見つめてる 恋人の顔で 君を見つめてる


*river* 「Code Name 2 SisterMoon」より

つき合っていても、まだ不安な彼女に男は伝える

     僕の荷物はもうここに沈めてみよう

     テーブルが映してる 月の色をもらって
     緩むように口元まで下りてみる


全詩が気になる方はここでcheckしてみて下さい
(discography → Album → 曲名 → 歌詞表示) 
→ http://www.chage-aska.net/discography/index.html

彼らは今年デビュー25周年。
記念に 「THE STORY of BALLAD II」 が出ました。
特筆すべきは、同時に1990年に発表された
「THE STORY of BALLAD I」 が再販されたこと。
この珠玉のアルバムはオールドファンならず、若い方々にも聴いてほしいなっと。
[PR]
by tonton814 | 2004-11-22 02:00 | 詩人ミュージシャン+音楽
詩人ミュージシャンFile01 *ポルノグラフィティ* シスター
歌を好きになる時、私は歌詞から入っていくことが多い。
もちろんメロディありきなのだけど。
歌詞が好きな曲は、どんどん深く心に沁みいる気がする。

そして、この歌詞は誰が創ったのだろうという興味が芽生え、つい調べちゃう。
そういう歌手やグループの歌詞担当の人を
詩人ミュージシャン と呼んでみました。

たくさんいるので、もしよければ、みなさんのおすすめも教えて下さいね!

File01  ポルノグラフィティ!

やっとポルノって発音しても恥ずかしくなくなってきましたね。
(これって昔、ミウラカズヨシというと=ロス疑惑の人 → サッカーのカズに
認識が変わったのと似てます? いや、似てないか)

「サウダージ」とか、「サボテン」とかすきだったけど、
今!とても気になってきたのは 「シスター」 この曲のせいでしょう。
哀愁のあるメロディのプロモがとても幻想的。

あれ、ポルノって2人だったっけ。
私は東京スカパラ並に人数が多いと思ってました。
(ワールドカップのテーマ曲「MUGEN」にたくさん出てくるバックバンドのせい)
ああ、最近出た2枚のベスト盤を境に2人組になっていたのですね。
ベースのTAMAさん(メインで作曲されていた方?)が脱退されて。

肝心の歌詞ですが、ギターの新藤晴一(ハルイチ)さんがほぼ作詞されてました。
Vocalの岡野昭仁(アキヒト)さん共々広島出身なんですね。

「シスター」の歌詞、全部好きなんですが、冒頭から

   東の海に舟を浮かべて  誰より早く朝を迎えに
   風が便りを運ぶというなら  僕に宛てた風は吹いていない


サビは 哀しみが友のように語りかけてくる

どこか北の異国の海に放り出された気分になって。

ところで、前述したドラマ 「一番大切な人は誰ですか」 の主題歌は
新曲の 「黄昏ロマンス」 で 初のハルイチさん作詞・作曲だそうです。
こちらもやさしくて淡くてすごく好き。
歌詞もさりげなくて夕方の帰り道な感じです。
[PR]
by tonton814 | 2004-11-08 18:55 | 詩人ミュージシャン+音楽
トップ  Rss

ポコンは、なに。
by tonton814
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
*おともだちリンク*
くらしのレシピ
tamaの私的空間工房
*natural light photograph  magazine by colors*
どんなときも♪
ふわふわ。り
Sparkle life

* このブログ内の
文章、写真などの
無断使用、転載、複製は
しないで下さい。

カテゴリ
ライフログ
フォロー中のブログ
以前の記事
検索
その他のジャンル
記事ランキング
画像一覧