菜の花と 思い出のボタン
b0013479_1730669.jpg

卒業式シーズンですね。
あちらこちらで、卒業証書を抱えた 学生をみかけると
甘酸っぱいような なつかしい気分に なります。

みなさんは、すきな人に 学生服のボタン、もらったことありますか。
今も この風習が残っているのか わからないのだけど
私の時は、ありました。
特に、第2ボタンは、心臓に近い ボタン。
つまり、相手のハートに 一番近い ボタン

中2の時、1つ年上の 先輩たちの 卒業式。
ともだちに 懇願されて、一緒に 彼女の あこがれの先輩のとこへ。
野球部で、カッコよかった彼は、第2ボタンどころか
のこのこ行った時、他のボタンも みんな なくなっていました。
すると 彼は、爽やかに 笑って
袖に 記念につけていた、春から行く 高校のボタンを くれたのです。
私にまで。 あ、すきと まちがわれたのですね。

それは、私の 目標としてた 高校のボタンだったので、
もちろん お守りにしました。 試験の時は、いつもポケットに。

時々、猛ダッシュで 駅まで 自転車を漕ぐ
先輩の姿を見ると、どきどきしました。
ボタンをもらって、気になってしまったみたい。

それから、どうしたかって?
めでたく、同じ高校に入りました、よ。
でもね、しばらくぶりに 高校で見た 先輩は
野球部で 坊主で 精悍な雰囲気だった 中学時代と違って
なーんか、パッションみたいなアダナになって、ジャニーズ系になってました。
あららら。

写真は、夫が房総にて 撮影。
今、花がいっぱいだって、いいな。
車窓から、菜の花。
そして、うす紫の やさしい花。

b0013479_21451895.jpg

[PR]
# by tonton814 | 2005-03-21 22:14 | Photo*Photo
ちょっと 春気分 です
早く元気になりたいのに、少しいやなことがあるだけで
どどーっと 大物が 心の奥から 引き出されて、しばらく沈下してました。
そういう時は、とにかく 夫に話を聞いてもらう。

ここで、こんなに あたたかい言葉 もらっているじゃない。
しあわせものめー、と言われて、素直な涙が 出てきました。
すぐに 傷が癒えるわけじゃなく、まだ心臓が バクバクするけど
歩いていこう。 今はそう思って、顔を上げられるようになってきました。
ほんとに、みなさま、どうも ありがとう!

まだ 時々雪が降りますね。
↓ 屋根の雪は、早春のわさび畑を 思い起こさせます。

b0013479_1231579.jpg


実家に遊びに行くと、母てづくりの 苺のケーキ が お出迎え!
コパン大はしゃぎ。 きゃっきゃっ。
いつまでたっても 親孝行どころか、世話になりっぱなしの娘です、私。

私の父、隠居ショウゾウは、市のグランドゴルフ大会に 出場してきました。
各地区の 選抜された人々が やってくる大会なのに
父の地区は、出れる人が 出ましょうっ てな感じで、行ったらしいです。

ショウゾウも、ゼッケンをつけて並びました。
すると、隣に すごく腰の曲がった おばあちゃんがいて
「あら、背が高い お人ですねー、2メーターくらいですか」 って、ぷぷ。
まあ、父は 175cmくらいで、あの年齢にしては 高い方なのだけど
「2メーターは、ないですよ、ははは」 なんて笑ってたけど
試合始まったら、そのおばあちゃん、すっごくうまくて、思い切り 負けたらしい。
やっぱ 地面に近いって すごい!?

夜は、母よしみ が 特製ハンバーグを 製作。
「今日のは 一味ちがうんだから」 って、TVから 秘伝を 伝授されたらしい。
なんでも、まず 卵とパン粉を先に よーくこねてから、挽肉も よーくこねて
最近は 生のまま入れてる玉葱も、よーく炒めてから。
そして、一度焼いて 焦げ目をつけて ひっくり返してから
蓋をして7分! 蓋をあけちゃ だめなんだって。
あけると 肉汁が逃げちゃうって。
なのに、気になって うっかり途中で 開けてしまった 母であった。
でもでも、すっごくなめらかで ジューシーなハンバーグで おいしかったー。

父は、4月に 地区の旅行があって、長野の桜を 見に行くらしい。
でね、日程表見ていたら、すっごく笑っちゃった。
コースプラン1 → 不老長寿の滝、ほぉ。
あら、コースプラン2 → 姥捨て山?
おいおい、老人たち 自らが、行ってどうする、姥捨て山!

↓ こんな風に、まったりしたいような
ずっと走って行きたいような、春の日々です。

b0013479_12313633.jpg

[PR]
# by tonton814 | 2005-03-17 12:44 | 日々+ あこがれ
花に慰められ
どうにも やりきれない思いで いっぱいの 今日。
心配していた人を 応援してるつもりだったのに
彼女を 傷つけてしまったらしく
投げつけられたような メールが来た。 しかも 疑われてるなんて。
結果、国交断絶に なってしまいました。
きっと、最初から 嫌われていたのだろうなあ。

って、なんのことか、さっぱりわかりませんね。 ごめんなさい。
どうも ここのところ、沈んでいくきもちを どうしたらいいのか。

どうしても、心が重い。
うっかりすると、地面に のめりこみそう。

  ×  ×  ×  ×  ×  ×  ×  ×  ×  ×  ×  ×

おとなりの梅が、咲きはじめました。
白い、かわいい花。

うちの両隣は、季節ごとのお花を 大切に育てていて、
いつも 楽しませてもらっています。
春には  夏には 紫陽花  秋には 金木犀 の和の庭と、
かたや 薔薇クレマチス が いっぱいの 賑やか庭。

新年あけの 一月には、
狼狽、いや 蝋梅(ろうばい) という、
きいろの、とても すてきな香りのする梅が
一足早く 咲いていたものです。

実は、ずっと老梅だと思っていました。 ごめんね、梅さん。

不思議な 花なのです。
蕾を そっと抱えたように、控えめに 咲く。
でも、香りは それは 華やかな着物のよう。

黄梅(おうばい) という 梅もあるのですって。
こちらは、可憐な花。

こうして、花を見ていたら、涙が止まらなくなってきました。


*追記*
ここに きてくださる みなさまに、ご心配を おかけしてしまいました。
先々週のことが、やっと 落ち着いた矢先 だったので
自分の中で あふれてしまって、また ここに 甘えてしまいました。
あたたかい言葉たち、ほんとうに嬉しく、受け取りました。
ありがとうございます。すこしずつ、修復していきます。
[PR]
# by tonton814 | 2005-03-13 14:06 | 日々+ あこがれ
春は芽吹きの季節
おととい、髪を切りに行った。
久しぶりの 一人おでかけ。
いつのまにか、世界は あったかくなって、春風が吹いていた。

b0013479_0445225.jpgすこうし切ろうと 思ってたのに
いざ座ったら、「バッサリ、サッパリ! 切ってください」 と
夏の前のようなことを 言っていた。
なんか 心の中が、そんな感じだったのかも。

軽くなった頭を、ふりふり 家に帰り
水菜たっぷりの うどんと、にら玉を作った。
コパンが ピーピーボウヤ だったもので。
(夫が命名した、お腹がよわった こどものこと、めぇ)

本屋さんで、みつけてきた 「いつでも野菜を」
春は、野菜が たのしみな季節。
   春キャベツ、新じゃが、菜の花。
   アスパラ、そら豆、グリンピース。

b0013479_0443044.jpgああ、豆ごはん。 わーい!
今年も、たけのこを まるごと茹でるのは、母に任せようっと。

小林カツ代さんの この本は、とてもよく作る本。
四季の野菜たちの メニュウが たーくさん。
なかでも、かぶのボルシチは、コトンバージョンになってるくらい。

今日は、野菜の宅配の日。
おお、カリフラワー、何にしようかなあ。
クリーム煮もいいけど、茹でて おいしいマヨネも いいなあ。

b0013479_0451296.jpg

[PR]
# by tonton814 | 2005-03-11 00:52 | おいしい話
「不機嫌なジーン」 + カメムシ + びっくら2点
「不機嫌なジーン」 (月曜 21:00- フジTV)が お気に入り。
b0013479_21163483.gifサイト→ good! 

主人公のジーン(仁子)は まあ、かわいい。
理系のおかしさと、
ちょこっと くすぐってくるセリフが 絶妙。

調子がいいけど、どこか かわいい 南原教授 (内野聖陽)。
先週、テニスのシーンが あったのは、やはり 内野さんが
「エースをねらえ!」 の 宗方コーチをやった サービスカットだろうか。
彼は言う。 「男の浮気は 遺伝子のせいだ!」
生物学者の リチャード・ドーキンスが 『利己的な遺伝子』 で著したもの、なんだって!
男が言いそうな セリフじゃないですか。 子孫繁栄のためとか。
しかし この教授、正直で 時々グッとくることを言ったりして、憎めない。

天才的数学者!?の 神宮寺教授の 小林聡美さんが、実にチャーミング。
あの長く、細かいセリフを よく一気に しゃべれるなあ。
もたいまさこさんも 出ているので、あと 室井滋さんがいたら
「やっぱりネコがすき」 (だいぶ前、深夜番組で人気だった) の面々だわ。

b0013479_21172133.jpg生物心理学 の 大学の研究室を 見ていると
だいすきだった → 「動物のお医者さん」 を 彷彿とさせる。
あれ、シベリアンハスキーくん、ブームになりましたね。 チョビー。

私は、思いきり文系なので、
たまに理系の人は、別人種かもと 思うことがある。
某製薬会社の 動物薬部門で ちょいと働いた時には、
不思議な人たちが いっぱいいた。
ちょうどドラマの 阿部くん(岡田義徳)のような、温厚そうな人は
結婚式を、神前ならぬ、人前ならぬ
牛前!結婚式を挙げてきたらしい。(ニュージーランドにて)
↑ごぜん、じゃないよ、ぎゅうぜん、うしだよ

毎回 ドラマの最後に 「今日のおさらい」 と称して
いろんな昆虫やら、動物が出てくるのが楽しい。
細かいところで、かなり遊ばれているドラマ、こういうのすき。
テントウムシ が、つねに 天に向かって昇る習性があるって、ほんとうかな。

  ×  ×  ×  ×  ×  ×  ×  ×  ×  ×

このドラマで 何度か登場した カメムシ を見ると、なつかしい昔を 思い出す。
カメムシ とは、とてもくさーい、いわば 昆虫界のスカンク みたいなもの。

昔、親友Mが、実家に 泊まりがてら 遊びにきた時のこと。
Mは、うちのローカル線に 乗り換えると、なんか くさくない?と 聞いてきた。
うーん、やはり田舎は くさいですかねー、と思っていたが、
どんな?と聞くと、きゅうりみたいに 青臭くて、でも、もっとすごい という。
家に帰って 彼女を先に風呂へと 誘導した途端、 キャーっ! という声が。
驚いて 駆けつけると、なんとブラ! の中に、カメムシ さんが。
あ、こいつが 犯人でしたかー、それは、くさいです。
たまにやってきて、そんな目に遭うとは、気の毒であった。

しかし、私は もう何十年も住んでいたけど、そんな目にあったことがなかった。
えーい、どうせ虫も好かない + 谷間がないですよー。

  ×  ×  ×  ×  ×  ×  ×  ×  ×  ×

今晩から 謎の男 (オダギリ・ジョー) が現れるのも 楽しみ。
「あなたと僕と 切り取られた海の下に眠る すべての友に」
こんな不思議な、クリスマスカードを 先輩の神宮寺教授に 贈ってきた主。
どうも、干潟が キーワードになってくるらしい。

さて、びっくらした2点とは...
[PR]
# by tonton814 | 2005-03-07 21:28 | TV・映画
結局 ・・・。
みなさまには、例のマンションの件、ご心配をおかけしました。
本当に あたたかい励ましで、嬉しくて 涙が出てきました。

一人(二人)で 悶々と抱えていると、ただ辛いことも
こうしてブログを通して、お友だちになって いただいた方々の おかげで、
殺伐としてきた 世の中で、私は とても あたたかい気持ちに なりました。

本当に、感謝しています。 どうも、ありがとうございます。

経過報告。 な、長いかも、ごめんなさい。 メェ。
[PR]
# by tonton814 | 2005-03-04 20:01 | 日々+ あこがれ
えーん。
今日は、悲しくも 怒り噴騰の日であった。

先日書いた記事を格納しました。 More機能はじめて使ってみたけど、わお、便利。
[PR]
# by tonton814 | 2005-03-02 18:37 | 日々+ あこがれ
雪の駅の色

雪国の駅には 心惹かれる色がありました  *夫撮影

b0013479_18523394.jpg

除雪車は赤色。

b0013479_18524839.jpg

箒の先はふさふさ。 雪を運ぶのは、赤と緑だね。

b0013479_1853288.jpg

緑くん、ちょっと痛いよぉ。 えーい、抜けられないー、ってこれ何?

b0013479_18531373.jpg

君はどの椅子に座る? 僕は水色、きみはクリーム色、かな。

b0013479_18532495.jpg

雪をかぶった笠がありました。 赤い魚が泳いでおりました。


今日は夫の誕生日。
といっても、今日は〆切だから、残業だね。
コパンと二人、 「おめでとう!」 大きな声で言ったよ。 聞こえた?

そして、私の大切なおともだち、Rちゃんにも、Happy Birthday!!
[PR]
# by tonton814 | 2005-02-28 19:15 | Photo*Photo
詩人ミュージシャンFile05 *コブクロ 小渕健太郎
まだ寒い時、雪のうたが聴きたくなって
コブクロ の 3rd Album 「STRAIGHT」 出してきた。
そうしたら はまってしまって、ここのところ ずっと聴いています。
1-5 曲までの流れが、なんともいえず、やさしくて心地いい。

コブクロ は、決して、焼肉 ではなくて
b0013479_02518.jpg小渕(コブ)くんと 黒田(クロ)くんの デュオです。
最近では CMで 所さんと トコブクロ の名で 共演。

彼らの ハーモニーが すきで よく聴いてます。
ストリートで 歌ってる頃に 二人は 出会ったのだって。
二人とも曲を作る。
私がすきな歌は、小渕くんが作ったのが 多い。

彼らの曲からは、ちょっと不器用な 恋愛が 読み取れて、なんとも、かわいらしくて。

1 曲目 「 blue blue 」

 つき合いはじめて まもない恋人たち。
 かわいくてもてる 恋愛経験値!がちがう女の子と、
 どうやって付き合っていいか、困ってるきもち。

  いろんな時 君を思い出すよ それは何のつながりもない 日常のワンシーンで
  同じように 僕を思い出すの? そのタイミングを いつか教えて


 不安な頃、どんな時に思い出したかって 教えてもらったりすると
 もうそれは 空に昇っていってしまうくらい その言葉は 宝物になる。

2 曲目 「 手紙 」

 遠い国で暮らす、がんばりすぎてしまう 恋人への手紙。
 こんな風に 恋人に言われると、心がすうっと 楽になっていくだろうなあ。
 今の自分に言われた きもちで聴くと、ほろほろします。

  泣いてしまう程 辛いのは、一番 がんばった日の証
  そんな自分を 時々は 休めてあげなきゃ だめだよ

  君の描いた 未来図に 色が一つ ふえるたびに
  君の笑顔が 華やかに 誰かを 勇気づけていくよ


b0013479_024249.jpg4 曲目 「 雪の降らない街 」

 冬がキライな恋人に、
 かわいいコートを プレゼントする彼。
 そんな恋人たちに、雪が降る思い出。
 かつての思い出に、心を預けたまま 過ごした一年。

 この曲の彼女は、もしかすると、
 死んでしまったのかな。
 ただ、消えてしまったのかな。
 私が思うには、春に一緒に暮らそうとして、事故でなくなったのかな、なんて。

  二つずつの物が 一つになれば 心さえも いつか 一つずつに

  そっと笑いかける 君の顔 今は 小さな フレームの中

  できることなら 今すぐ この冬空を 駆け抜け あなたに 逢いに行きたい


あと 9 曲目 「 昨日の日のワルツ 」  これがだいすき。

 初恋の話 なんです。 ママより すてきな子に 恋するのだけど
 雨の中、鍵が見つからなくて 泣いちゃって、結局 ママに 泣きついてる。

  恋をしたのは ぼくのほうなんです
  理由も 理由に ならないの ばかり


 自分が 男の子のママに なったせいですね。
 野球のストレート球のように、心に届く言葉、今、こういうのにヨワイです。
 ほんわか ほんわか。

人と人とのつながりの脆いこと。 伝わらないきもち。
ちょっと元気が出ない 今日、どうしたらいいのかな。
こうして 好きな歌でも 聴いて、待ちましょうか、浮上の時。
[PR]
# by tonton814 | 2005-02-25 00:11 | 詩人ミュージシャン+音楽
天然生活 * 春号
「天然生活」vol.8 4月号のレポート。
表紙は 鉄のフライパン! で焼く 「じゃがいものガレット」

枝元なほみさんの 春野菜の料理が 巻頭です。
ふき、菜の花、ふきのとう  ああ、春到来ですね。

どこかの雑誌で、枝元さんのお家が 載っていたのだけど
とてもカラフルな イメージの方なのに
(だって、教育TVの料理番組で、エダモン なんだもの)
とてもシックな部屋に お住まいだったのが 印象的でした。

b0013479_19324677.jpgわくわくしたのが、
「庭にペチカをつくろう」
お庭に、ブロックと 耐火レンガで ペチカを作って
そこで、窯焼きピザを つくってるんです。 おおー。

そして、パリについては、愛読している
連載の 「猫沢エミのパリ季記」 にて
まさに先日書いた、パリ症候群が書かれています。

わたしは、最近
砂糖と、林檎 について、ずぅーっと考えていたので
砂糖の種類の話と、タルト・タタン 紀行には
アンテナがぴったりで、びっくり。
タルト・タタン は、あわてんぼうのお菓子。
松長絵菜さんが、その秘密に迫っています。

今回のすきは ★★★ くらいかな。 春らしさを感じる1冊ではあります。
前回の4ッ星に比べて、一つ少ないのは、私があまりタイに 興味がないせい。
*ベトナムは、とても行ってみたいのだけどね
タイ好きな方には、きこさんのタイ紀行が、楽しいと思います。
[PR]
# by tonton814 | 2005-02-21 19:47 | 本・雑誌
トップ  Rss

ポコンは、なに。
by tonton814
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
*おともだちリンク*
くらしのレシピ
tamaの私的空間工房
*natural light photograph  magazine by colors*
どんなときも♪
ふわふわ。り
Sparkle life

* このブログ内の
文章、写真などの
無断使用、転載、複製は
しないで下さい。

カテゴリ
ライフログ
フォロー中のブログ
以前の記事
検索
その他のジャンル
記事ランキング
画像一覧