ちょっと 春気分 です
早く元気になりたいのに、少しいやなことがあるだけで
どどーっと 大物が 心の奥から 引き出されて、しばらく沈下してました。
そういう時は、とにかく 夫に話を聞いてもらう。

ここで、こんなに あたたかい言葉 もらっているじゃない。
しあわせものめー、と言われて、素直な涙が 出てきました。
すぐに 傷が癒えるわけじゃなく、まだ心臓が バクバクするけど
歩いていこう。 今はそう思って、顔を上げられるようになってきました。
ほんとに、みなさま、どうも ありがとう!

まだ 時々雪が降りますね。
↓ 屋根の雪は、早春のわさび畑を 思い起こさせます。

b0013479_1231579.jpg


実家に遊びに行くと、母てづくりの 苺のケーキ が お出迎え!
コパン大はしゃぎ。 きゃっきゃっ。
いつまでたっても 親孝行どころか、世話になりっぱなしの娘です、私。

私の父、隠居ショウゾウは、市のグランドゴルフ大会に 出場してきました。
各地区の 選抜された人々が やってくる大会なのに
父の地区は、出れる人が 出ましょうっ てな感じで、行ったらしいです。

ショウゾウも、ゼッケンをつけて並びました。
すると、隣に すごく腰の曲がった おばあちゃんがいて
「あら、背が高い お人ですねー、2メーターくらいですか」 って、ぷぷ。
まあ、父は 175cmくらいで、あの年齢にしては 高い方なのだけど
「2メーターは、ないですよ、ははは」 なんて笑ってたけど
試合始まったら、そのおばあちゃん、すっごくうまくて、思い切り 負けたらしい。
やっぱ 地面に近いって すごい!?

夜は、母よしみ が 特製ハンバーグを 製作。
「今日のは 一味ちがうんだから」 って、TVから 秘伝を 伝授されたらしい。
なんでも、まず 卵とパン粉を先に よーくこねてから、挽肉も よーくこねて
最近は 生のまま入れてる玉葱も、よーく炒めてから。
そして、一度焼いて 焦げ目をつけて ひっくり返してから
蓋をして7分! 蓋をあけちゃ だめなんだって。
あけると 肉汁が逃げちゃうって。
なのに、気になって うっかり途中で 開けてしまった 母であった。
でもでも、すっごくなめらかで ジューシーなハンバーグで おいしかったー。

父は、4月に 地区の旅行があって、長野の桜を 見に行くらしい。
でね、日程表見ていたら、すっごく笑っちゃった。
コースプラン1 → 不老長寿の滝、ほぉ。
あら、コースプラン2 → 姥捨て山?
おいおい、老人たち 自らが、行ってどうする、姥捨て山!

↓ こんな風に、まったりしたいような
ずっと走って行きたいような、春の日々です。

b0013479_12313633.jpg

[PR]
by tonton814 | 2005-03-17 12:44 | 日々+ あこがれ
<< 菜の花と 思い出のボタン 花に慰められ >>
トップ  Rss

ポコンは、なに。
by tonton814
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
*おともだちリンク*
くらしのレシピ
tamaの私的空間工房
*natural light photograph  magazine by colors*
どんなときも♪
ふわふわ。り
Sparkle life

* このブログ内の
文章、写真などの
無断使用、転載、複製は
しないで下さい。

カテゴリ
ライフログ
フォロー中のブログ
以前の記事
検索
その他のジャンル
記事ランキング
画像一覧